1,000円カット歴10年。失敗が怖くても行っていた俺ってアホ!

1,000円カット

こんな画像のイケメンでカッコイイ髪型にしてみたい・・・

それはさておき、先日約10年ぶりぐらいに1,000円カット以外の普通の理容室(ヘアサロン)に行ってきました。

1,000円カットと言っても正確にはカットだけで1,500円ぐらいするんですが、一般的な1,000円カットの部類です。そして。今まではそこに約月1で行っていました。

でも、今回は違うところに行こうと決意したある出来事があり、普通の理容室に行って満足したことで、もう1,000円カットに行くことは生涯ないと思います。

もし、1,000円カットに行くか、行き続けるのか迷っている人に向けて、声を大にして言いたい。

1,000円カットはやめて普通の理容室や美容室に行こう!!

1,000円カットに行き続けた理由

私が約10年間1,000円カットに行き続けた理由を振り返ってみたいと思います。

理由その1

1,000円カットに行き続けた一番の理由は単純にめんどくさいから!!!

何がめんどくさいかって、新しい理容室や美容室を探すのがめんどくさいのと、どこがまともな理容室なのかわからないってところですね。でも、これって性格によっては楽しい人もいると思います。何か新しいことや場所を探す楽しさ的なもの。

残念なことに私はめんどくさい感情が先にきてしまいます。1,000円カットに納得はしていないものの、めんどくさいからいつもの場所に行く。

理由その2

理由その2は、1,000円カットでもうまい人はいる。

全員が下手なわけではありません。やはり、うまい人はいます。その人にあたればいいんですが、あたらない時はほんとあたりません。

運がよくあたればラッキーなんですが、下手な人にあたった時には落ち着きませんし、ヒヤヒヤしながら髪を切られています。

理由その3

理由その3は、早く終わりたい。

基本カットだけですので、待ち時間がなければ15分ほどで終わります。私はシャンプーやヒゲソリや肩もみなどの付属品のようなサービスにはあまり興味がありませんでした。

理由その4

理由その4は、値段が安いから!

確かに安い。でも、正直値段は安いからこんなもんかと思うところからきているので、私は値段で行き続けたわけではないですね。習慣というか惰性ですね。

1,000円カットの怖いところ

1,000円カットってなんか良く言うとサッパリ。悪く言うとそっけない。その中でも1,000円カットの怖いところを挙げてみたいと思います。

単純に下手

これは、住んでいるところや人によって違いがありますが、基本的に3人いれば2人は下手です(笑)。うまい1人にあたる確率は3分の1。その確立に当たるために、祈りながら理容室に向かう自分・・・

対応が無愛想

基本的に笑顔や愛想がない!流れ作業ですね。これは、仕方がないと思いますが、少し寂しい気がしますね。私もあまり積極的に話すタイプではないので、あまり気にはしません。

1,000円カットに行った後のことを考える

変な髪型にされたらどうしよう・・・無駄な恐怖を考える無駄な時間・・・

1,000円カットでスタイリストを指名してみた

思い返すとそれは、1,000円カット最後の日ですね。私は、うまいと思っている人に運よく丁度あたり、髪を切ってもらいました。

そこで、素直な感情が芽生えました。なんというか、同じお金を払い、同じ時間を共有しているのに、このうまい人は安心感が本当に心地よかったんです。

それで、思ったんです。ヒヤヒヤ心配しながら髪を切ってもらったり、あの人にあたりたくない・・・って思う時点で、普通のサービスではないなと。お金を払う価値があるのかと思いました。

そこで、髪を切ってもらった後に自分から初めて、ここの店は指名できますか?と問いかけたんです。そしたら、できますよ!と。私はできればあなたに髪を切ってもらいたいんです!!と言いました。すると、きょとんとした表情で特に指名は問題ないと、ただ私も休みが不定期なのでいない時があると・・・

はい。ここが私の気持ちの分岐点ですね。理容師さんに引かれてしまっては私の解決には結びつかないんです。でも、それはその理容師さんが悪いわけではないんだと思います。やはり、1,000円カットっていうシステムがそうさせるんだと思います。

これで、私は次に1,000円カットに行く場合、その人がいないとアウト。その人がいれば指名する?という余計にめんどくさい状況になったんです(笑)

オススメな理容室や美容室ってどこ?

余計に1,000円カットに行くことがめんどくさくなった私は、髪が伸びてきたので別の場所を探すしか選択肢がありませんでした。

でも、ネットのクチコミで探すも、なにがいいのかわからない・・・そもそも、今まで積極的理由で選んだことがないことに気づきました。

古臭い理容室に行って角刈りにされたら嫌だ!そうだ、美容室に行ってオシャレな髪型にしてもらおう!いや、そもそも、美容室って男って入っていいの?もはやこんな小心者レベル・・・

選んだ理容室は灯台下暗し

昔行っていた、ヘアサロン(理容室)や近くの美容室をネットで調べ、事前に予約して行ってみました。

本当私は気が小さい人間ですね。

でも、思いました。これが、一般的なレベルの理容室なんだと。今まで1,000円カットの土台でしか見えてなかったんですが、3,000円台のカットやサービスを久しぶりに体験し、今まで自分は感覚が低くなっていたことに気づきました。

1,000円カットが悪いとか良いとかの話ではなく、一般的なレベルや基準を知らないと、感覚が鈍る。また、忘れる。そして、それに慣れてしまう。これって、向上心がないっていう言葉が適切かわかりませんが、髪を切ることを一つとっても、気持ちのいい精神状態ではないですよね。

私は残念なことに、20代の若かりし頃の大半を1,000円カットで過ごしてしまったんです。

しかも、最近ハゲてきてしまいました・・・

FXを始めたらハゲた

FXを始めて3年!確実にハゲてきている件

2018年7月10日

一般的な理容室や美容室でも注意すること

1,000円カット以外なら、技術がしっかりしているとは限らないです。私が学生時代に行っていた、4,000円の理容室はまあ下手でした(笑)。なんで行っていたの考えると、話しやすい人だったからですね。義理に近い感情ですね。

でも、髪をうまく切ってもらいたいっていう自分の感情を一番に考えると、即変えた方がよかったと思います。せっかく若い時期で、オシャレしたい年頃ですからね。何を一番に考えるのか?お金か、気楽さか、満足度か。

良い理容室や美容室の見極め方

私が思う、良い理容室や美容室の条件は、まず店外、店内に清潔感がありオシャレ。また、古臭い感じがなく、時代の流れについていこうとする姿勢が見えることですね。

理容室だから、美容室だから、1,000円カットだから。いろいろ、言い訳すればなんでも言えます。でも、上記で言ったことはどこだろうがどのような値段だろうが関係ないです。

つまり、やる気のあるところを探せってことになると思います。やる気があれば企業に向上心がある証拠。向上心があれば、そこにいる人も一定以上の能力がある。これって、普通の買い物や生活していても感じる機会があると思います。

さて、1,000円カットについて熱く語ってみましたが、私のように惰性で1,000円カットに行っていた男性は多いと思います。まだ、1,000円カットに行っている男性陣、重い腰を上げて行動してみてはいかがでしょうか。

1,000円カットをやめて1年!失敗しない安心感ってプライスレス

1,000円カットをやめて1年!失敗しない安心感ってプライスレス

2018年8月29日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。