ブログ記事タイトルにもう悩まない!超簡単なテンプレートを1つ紹介する

ブログ記事タイトル

さて、世間はお盆ですね。

今月はブログを書くペースがとても遅いです。アクセス数も前月を超えられるか微妙なところです。

そこで、疲れている身体に気合を入れてブログを書こう!

今回は、ブログが趣味な人、ブロガーの人、ブログを書く全ての人の登竜門である「ブログ記事タイトル」の超簡単なつけ方を紹介します。

ブログ記事タイトルの超簡単テンプレート

私はブログを始めて約10ヶ月の初心者ですが、100記事以上書き、また月間3000PVを超え脱ビギナーを達成したので、紹介してみたいと思います。

それは、「キーワード+感情+主語」です。

これが、超簡単なテンプレートです。

超簡単テンプレートを使ったアクセス数が良い結果例

今まで書いた記事で、このテンプレートを使った記事をいくつか紹介したいと思います。

1つ目はこの記事です。

1,000円カット

1,000円カット歴10年。失敗が怖くても行っていた俺ってアホ!

2017年6月23日

この記事は、「1,000円カット失敗(キーワード)+怖い(感情)+俺(主語)」。

さらにこの記事は、よりタイトルがクリックされるように工夫もしています。

それは、「カット歴(私の経験)+10年(数字)+行っていた(共感を呼ぶ)+アホ(抜け感)。

総合すると、「1,000円カット(キーワード)+歴(私の経験)+10年(数字)+失敗(キーワード)+怖い(感情)+行っていた(共感)+俺(主語)+アホ(抜け感)」。

こんな感じです。

我ながらしっくりしたブログ記事タイトルで、SEOも意識しつつ気に入っているタイトルです。

ちなみに、Googleで「1,000円カット+失敗」で検索すると1ページ目に出てきます。また、直近7日間で70PVありアクセス記事ランキング第1位です。※この記事投稿後に再度検索したところ、1ページ目の一番上にUPしています!

為替ブログなのに、私の生活習慣の記事が1位になっているという嬉しさと、為替記事も頑張らねばと思いますね。

また、この記事の特徴は週末や休みの日が多いように感じます。日本全国の人も1,000円カットに行く前に検索で調べているんでしょうね。

超簡単テンプレートを使ったアクセス数がかんばしくない結果例

次にアクセス数がかんばしくない例です。

それが、この記事です。

非正規雇用の割合

正社員がたった1人!非正規雇用の割合がマジでヤバイ俺の職場!

2017年6月25日

非正規雇用の割合(キーワード)+マジでヤバイ(感情)+俺の職場(主語)

これも、テンプレートを使っています。

しかし、アクセス数は直近7日間でたった4PVです。1,000円カットの記事と比べて桁が違います。

アクセスがかんばしくない理由

まず、非正規雇用+割合で検索すると、10ページ目に出てきます。これでは、私が戦えるわけがありません。

検索結果を見てみると、1ページ目には国関係の公式サイトが並んでいて、競合サイトも強いのが原因だと思います。また、ブログタイトルもすっきりし過ぎではないかと思っています。

これだと、ターゲットがピンポイント過ぎると思いますし、「共感や知りたい」と思わせるキーワードが足りない気がします。

キーワードの位置は記事の先頭がベスト

全ての記事を書くときに、テンプレートを使うわけではありませんが、どんな記事でも「キーワードは記事の先頭」にします。

また、極論を言ってしまうと、キーワードがベストでも、ブログをアップしてみないとわからないこともたくさんあります。

私も約100記事書き、やっとコツみたいのがわかってきたような感じがします。なんか、頭の中でいろいろ単語を入れ替えたり、タイトルに入力してみてしっくり感を模索してみたり、記事のタイトル決定には時間をかけています。

まだ、ブログの記事タイトルに悩んでいる人は、まだまだ経験が足りていないんだと思います。私もやっと、少し余裕というかブログを書くこと日常レベルになってきました。

為替と同じで「自分で経験して、成功と失敗と反省を繰り返す」

全ては、これだなと思いますね。

記事タイトルではなくブログタイトルにお困りの方はこちらの記事も参考に!

失敗しないブログタイトルのつけ方、決め方

ブログタイトルのつけ方!失敗しない決め方を超簡単に優先順位で判別

2017年9月22日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。