ボーナスいくら?よりもFXやブログの副収入の方が気になる

ボーナスいくら?

夏のボーナス時期ですね。

民間企業は7月上旬が多いみたいです。

私も、納得がいく金額ではないですが、ボーナスが出ました。

もちろん、自分が働いたことによって得たお金ですので、出ないよりは出た方がいいですし、多いにこしたことはないです。

ただ、なんといいますか、兼業トレーダーとして複雑な気持ちですね。

会社のボーナスよりも自力の副収入

会社から貰ったボーナスや給料よりも、自力で稼いだ副収入のほうが気になるというか、興味があるんですよね。

この気持ち、わかってくれる人はわかってくれるはず。

特に、中途半端に稼げてしまっているので、余計にもやもやするんですよね。

このぐらいのボーナス額だったら、去年FXで確定申告した額のほうが高いしと思ったりしてしまいますね。

あとは、単純に自分が頑張ったことが自分に100%リターンがくることが、すごくしっくりきます。

振り返れば、10代からそういう性格といいますか、自分が一人でやって自分に対して結果が出るってことが好きでしたね。

やっぱり、一度でも自力でお金を稼いだことがある人は、自力で稼ぐことを一生考えていくのではと思います。

会社に行っているだけでボーナスが貰える

ボーナスを貰っているのは、私だけではありません。

周りのスタッフを見ても、ボーナスを貰えていない人はいないです。

つまり、どんなに仕事ができなくても一定のボーナスは出るってことなんですね。

しかも、明らかに役職が違わない限り、ボーナス額はそんなに大差ないことが容易に想像がつきます。

そう、考えれば会社に行くだけで、まとまったお金が手に入るってことなんですよね。

これ、自力だとそうはいかないです。

仕事っていろいろ悩みとか、嫌なことが多いですが、会社に行くだけで一定のお金が稼げるって、ある意味当たり前のようで当たり前ではないのかもしれませんね。

自力で0から1をつくることを日々考えている私からすれば、ボーナスで喜んでいる人が、良く言えば新鮮ですね。

私は、仕事も一生懸命頑張っていますので、ボーナスは貰えて当たり前って考えです。その上で、自力でお金を稼ぐにはどうすればいいかってことを考え、結果も出したいと思っているので、もはやボーナスは過去って感覚ですね。

一番大事なのは本業だがお金ではない

それでも、一番大事なので本業です。

例えば、仕事をしながら、自力でも月20万円稼げたとします。

これって、金額でいえば副業や副収入として稼げたとすれば、凄いことです。本業+副業(副収入)ですから。

逆に、仕事はしていなく、自力で月20万円稼げたとします。

これって、確かに自力で月20万円は凄いですが、金額だけでいうとこれだけでは十分な金額ではないですよね。

なので、副業や副収入の金額レベルがまだまだ低いのであれば、本業は絶対頑張らないといけないって思っています。

それが、兼業の強みでもあると考えています。

どっちつかずと言われれば、そうなのかもしれないです。

ただ、それよりも大事なのは、好きなことを続けていけるってことですね。

私は、例えお金が稼げなくても、FXのチャートや自分のブログを見ているのが好きですね。

たぶん、ここが崩れると続けていけないと思います。

なので、ボーナスがいくら?というお金よりも、興味だったり、好きなこと、探求心のほうが、人生を充実させる上で一番大事だと感じています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。