忙しい疲れたが理由でFXをやる時間がガチで減ってきた件

忙しい疲れたが理由でFXをやる時間がガチで減ってきた件

このブログでも度々言っていますが、今年は仕事や私生活、背景が変化しFXをやる時間が減ってきたとつぶやいています。

そして、ここ数ヶ月はガチで昨年と比べることができないぐらいFXにかける時間が減っています。

そんな、状況や気持ちが続き、それに慣れてきている自分がいるので、ここらで戒めとして反省したいと思います。

「忙しい」「疲れた」という口癖や思考

「忙しい」「疲れた」っていう言葉、私は無意識にこの思考になっているかもしれません。

ただ、口癖にはなっていません。仕事上や職場で口癖のよう言う人もいますが、私はめったに言いません。でも、家に帰ったときやそういう愚痴を言える人には言ってしまっていますね。たぶん、この心理って甘えているんでしょうね。

忙しいのは事実だし、疲れているのも事実。でも、それが思考になっていたら運やタイミングを逃してしまう。ただ、全く言わないとストレスもたまってしまう。

この加減が難しいですね。

特にFXは待つことと我慢なくしては勝ち続けることが難しいです。でも、リアル社会や生活では待つことや我慢することがいい方向に行くことは少ないです。

この思考の使い分けがとても難しいと感じています。こうやってわかっていても、人間の心理や感情ってそう公式みたいにはいかなく、人それぞれの価値観に応じた落としどころが大事だと思っています。

明らかに感覚や相場観に不安が出てきている

私の手法は主にスキャルピングです。

つまり、エントリー回数が重要なファクターになります。今年に入り明らかにエントリー回数が減ってきています。チャートは毎日開くんですが画面を見ている時間が減っているため、おのずとエントリー回数も減ってきてしまいます。

自分の手法とか自分の腕が落ちたとかそういう意味ではなく、チャレンジする回数が減ってきているので、経験値を稼いでいないってことに不安なわけです。

私としては、忙しい時間や時期にFXを無理にやることはお金を稼ぐって上でマイナスだと思っています。その一方で、やらないと感覚や相場観、経験値に不安が出てくるのもまた事実です。

今年はこの複雑な感情の保ち方が兼業FXトレーダーとして難しさを感じる1年ですね。どっちかに振ることができれば悩む必要がないんですが、振り切れないんですよね。

つまり、どっちも中途半端なんだと思います。

現状、本業、FXともに中途半端な収益になっています。ただ、振り切れるほどのいろんな意味での支えが弱い。もっと強化しそれよりも気持ちで負けてはいけないと思っています。

本当に「疲れた」「忙しい」?

良くも悪くも習慣ってとても破壊力があります。

継続すると決めることよりも、習慣には凄いパワーがあります。

そこで、今一度自分に問いただしてみたい。

 

本当に疲れているのか?

本当に忙しいのか?

 

まあ、完全に疲れてはいますね(笑)。

では、完全に忙しいのか。これは、忙しいですが、FXではない自分の趣味に時間をかけていることが増えました。

増えたっていうよりは、疲れているのでFXで負けて負の連鎖になりたくないってことです。仕事忙しい⇒家で時間がとれない⇒無理にFX⇒負けることが多くなる⇒イライラ⇒職場でもうまくいかなくなる。

こんな感じの流れにはしたくない。

だからといって、忙しいからしょうがないよね?

疲れているから無理してFXはする必要がない!

こんな感じの思考の習慣が自分についてきているのがわかります。

私の場合、土日以外は毎日チャートは見ています。見ない日なんてありません。でも、エントリーしないと感覚が落ちるというよりは不安になるといったほうが適切かもしれません。

これは、普段の日常の出来事や趣味でも同じことが言えると思います。例えば、マラソンで毎日5km走っていた人が風邪をひき一週間走れなかったとします。そして、風邪が治り走ろうとした時に「大丈夫かな?いつもと同じように走れるだろうか?」と思うはずです。

FXは焦ったら駄目

ここまで、FXをやる時間が減ってきている自分を振り返ってみましたが、基本的にFXは焦ったら終わりです。

要は、忙しいから疲れたからという思考で可能性や結果を決めつけるなってことです。

偉そうなこと言っていますが、自分にも言っています。

ですので、忙しい時や疲れた時に自分のやりたいことができない時期は結果を出すのは難しいかもしれませんが、その内容や過程を自分が納得できるようにすべきだと思います。

結果が見えているから途中経過はどうでもいいっていう心理は駄目ってことです。

この記事のまとめ

・「忙しい」「疲れた」は口癖だけではなく思考もやめる

・本当に「忙しい?」「疲れた?」甘えた時間の使い方をしていないか

・結果が決まっているからとか状況は変わらないからと諦めない

・中途半端からの脱却する強い気持ちを持つ

・それでも、FXは焦ったら終わり

FXだけで生活し生計を立てることは非常に危険で無謀!

FXだけで生活し生計を立てることは非常に危険で無謀!

2017年3月26日

こんな感じですね。

最終的に、FXは焦るなってことになりましたが、リスクがある以上そのリスクは必ずリスクになります。ここは、どんな状況になっても変わることがない基本的なFXの考えになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。