出世競争って疲れるよね。でも出世したいよね?

出世競争

いや~男の出世競争って疲れますよね。

なんとゆうか、お金なのかプライドなのか。表向きは男女平等社会になっているとはいえ、女性は出世しなくても許されるというか何というか、こういう時は女性が羨ましいですね。

仕事は男の方が出世には有利だけれども、生きていくというこいとに関しては女性の方が有利だと思いますね。

今回は出世がテーマです。

出世はしたいが仕事はしなくない

まさに私ですね。

いや、全日本中の男がそう思っているでしょうね。問題は出世してなにがしたいんだってことなんですが、これを明確に言える人がどれだけいるんでしょうね。恐らく、ほとんどの人はお金と地位でしょう。

お金をより得てなにがしたいのか?

家を買う。車を買う。電化製品を買う。こんな感じでしょうか。確かに新しい家には住みたいですし、新しい車に買い替えたい。また、最新の電化製品を使いより便利な日常を過ごしたい。

これが、一般的なサラリーマン(主婦)の夢とはいかないまでも、スタンダードな思考ですよね。

ただ、これらを得たからといって幸せか?って問われれば、それはまた別の話ですよね。その、新しい家に一緒に住む人、車で一緒に出掛ける人、一緒に家電製品を使う人。

こっちのほうがはるかに大事なんですよね。結局は人ですよね。

地位を得てなにがしたいのか?

さて、次は地位です。

極論を言えば、完全に自己満足だと思いますね。その地位に行かなければできない仕事って確かにあると思います。しかし、そこに至るまでの苦労をしてまで、純粋にその仕事をしたいって思える人がどれだけいるのか私は疑問ですね。

今の情報化社会の中で、40代、50代の多くの人がついてこれていない現実。給料分の働きをしているお偉いさんってほとんどいないんではないでしょうか。ただ、これは会社の規模や人によって状況や能力は違うので一概には言えないところはあります。

稀に20代でもパソコン操作がおぼつかない人がいるんですが、大丈夫かなって思う人もいますね。仕事の業務を教える前にパソコン操作を教えなければいけない。100歩譲って新卒ならわかりますが、中途でこれはないですよね。

話はそれましたが、問題は出世した後ですよね。自己満足で出世し地位を追い求めてきた人がその地位にたどり着く。では、その人はこれからなにをするんでしうょうかね。

それよりは、地位がなくても人を集めることができる力。人の魅力ってやつですね。そういう人を見ると、この人は凄いなって思いますね。そういう人って、みんなから優しくされているんですよね。人から優しくされるって、人生の充実度でいえば重要な要素だと思います。

私も人としての魅力を高め、個人で人を集めることができる人柄になりたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。