兼業トレーダーのトレード実績とブログ収入やアクセス数の定期報告

兼業トレーダーもトレード状況と生活

本記事は、兼業トレーダー4年目のトレード実績と現状、このブログの収入やアクセス数を定期報告する内容です。

トレード実績

こうやってブログを書くこと自体も一カ月ぶりです。

この一ヶ月なにをやっていたのか?

トレードを頑張っていたのか?

答えは、トレードはほぼやっていないに等しいのが現状です。勝ってもいないし負けてもいないです。

兼業トレーダーと名乗っている以上、全くFXのことが頭にない状況は避けたいんですが、それ以上に他のことに時間を取られています。年初からこれは予想できたことであり、FX実績にも今年の見通しを書いていますが、残念なことに見通し通りになっています。

恐らく、この状況でFXをやると大きく負けることが予想できますし、エントリーポイントまで待つことが難しい精神状況であり体力状況だと思っています。

月20万円をFXで稼いでいたので、それなりにブログでの発信もトレードで稼いだことを発信したい欲はもちろんあります。

でも、兼業トレーダーとしての現実をしっかり伝えることが私の一番の欲求です。ですので、嘘偽りなくしっかり伝えしたいと思います。やっていないことはやっていませんし、やっていることは泥臭く語っていきます。

FXブログの収入とアクセス数

まず、ブログ収入です。

2018年9月27日、28日のグーグルアルゴリズムの影響から順調に右肩下がりです(笑)。

月1万円のブログ収入までもう少しという金額まできていたんですが、2/3程度になっています。

グーグルサーチコンソールやグーグルアナリティクスでどのキーワードが下がっているかは把握しています。

検索順位が下がったというよりは、アクセス数の元となる表示回数が大幅に下がっています。

その対象の記事を削除することも考えたんですが、そのままにしています。特に対策は打っていないですね。対策はしていませんが、記事の更新頻度も落ちたため、純粋にブログの集客具合の変化がわかります。

ブログ収入はアドセンスに頼っているので、アクセス数が落ちるとアドセンス収入も当たり前ですが落ちます。

あと、2018年11月1日にもグーグルアルゴリズムの変動を観測しています。そのからは、若干元に戻しそうな動きになっていますが、回復の見込みは低く右肩下がりであることに変わりはないです。

副業、副収入の取り組み方と方向性

ブログやサイト、ツイッターを見ると私と同じようにブログのアクセス数が大幅に減った人も多いと感じています。今まで積み上げて順調にアクセス数やブログ収入が伸びていたのに、たった1回のアルゴリズムの変動で流れが大きく変わってしまう。

これが、ブログで稼ぐリスク。

リスクをしっかり想定していたのか。していなかったのか。

ブログで稼ぐリスクは想定できるリスクです。

だからといって、積み上げてきたものが無駄だとは思いません。その時、その欲求があって全力で取り組んだ。

全力で取り組んでこなかったことに対し、人は後悔するものです。

専業だから。兼業だから。

その前に、全力で取り組んでいるのかが全てです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。