FOMC議事要旨発表時にトレード参戦!スキャルピング専門の私が値動きを解説

さて、あと数十分ほどで、FOMC(米連邦公開市場委員会)の議事要旨が発表されます。今、この記事をめっちゃ急いで書いています。

私は普段、あまり指標ではトレードしません。また、大きなイベントや指標でのトレードは止めておけって話をしています。また、FOMCが本日、最初のトレードになります。

ただ、今回は新しい発信の仕方にチャレンジしたいと思い、FOMCに参戦したいと思います。ただ、エントリーできるところがなければ、もちろんトレードはしません。そこは、徹底します。また、トレードが終わった後にでも、自分のトレードの振り返りや値動きの解説を加筆していこうと思います。

FOMCの予想

基本的にFXは予想しませんね。予想しようとも思わないですね。これが、私のスタイルです。

完全に値動き次第です。

FOMCで1番気をつけること

一番気をつけることは、FOMC議事要旨発表時にポジションを持ってはいけないことです。

金融会社や投資ファンドならわかります。

でも、私のような個人はノーポジションでFOMCを向かえるべきです。魚の頭からしっぽまでの全てを個人が得ようとすると、必ずやられます。

食い散らされた残り物で十分です。

FOMCで利益が出なくてもいい

FOMCに参戦するからと言って、必ず利益を出さなければならないという理由はありません。

もし、このブログをFOMC前に見て、私もトレードしようと思った人は、止めてください。

私も、このような記事を書くこと自体、FXをなめていると思われても仕方がありません。ただ、スキャルピング専門の私はなかなか日々の値動きでは語ることが難しいので、お許しください。

FOMC前に今一度、緊張感を高める

さて、自分の過去の相場日誌を見返したいと思います。一瞬でどん底になる恐怖。また、緊張感を持たないものに対し、為替は無慈悲です。

本来なら、チャート画面すら見ないことがベストです。さて、数時間後、加筆したいと思います。

FOMC議事要旨発表を受けの私のトレード結果

さて、4時になり1時間たちましたので結論から言うと、エントリーは3回、金額では-1,670円の負けでした。すごく、面白くない現実的な微妙な負けとなってしまいました。

ただ、良い方向に考えるとFOMC1時間前は100.800円。そこから、発表後110.000円。その間、チャートを見ていて、この結果はギャンブルトレードしていないって証拠だと思います。

値動きの質は3時に100.300円~100.500円を往復。その後は、急激な上下もなく、値幅はそこそこありましたが、値動は穏やかでしたね。

このような値動きでは、スキャルピングは不向きです。しかも、どちらかというと、ネチネチした値動き。戻しがある動きを見せつつ、だらだら円高へ。特にわかりやすいエントリーポイント(ショート)もなく110.000円付近までいきました。

逆に、110.000円付近のロングを狙っていた分足トレーダーは最低5Pipsぐらいはとれたんではないでしょうか。私は、110.000円にタッチしてからの値動きを見て決めたかったので、ややリバったところを取れませんでしたね。

宣言してからトレードするのは難しい

今回のように、FOMC前にブログを投稿し、そのトレード結果を報告することを約束。そして、その新しいプレッシャーの中からいい結果を出すのは難しいですね。

結果的に、値幅はありますが値動き自体は穏やかで、私の得意とする戦場ではありませんでした。

なにも中身のない記事となってしまいましたが、これはこれで経験ですので、更新したいいと思います。FOMCに参戦したトレーダーの皆様、おつかれさまでした。

※8/17、5時30分追記:その後、4時頃から値動きにネチネチ感がなくなり素直になったため再度トレード開始。コツコツ貯め+10,630円で本日8/17(8/16分)を終えています

<FXで月20万円稼ぐ手法、生活>

効果的なトレード手法(一覧ページへ)

兼業トレーダーの生活(一覧ページへ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。