FXを始めて3年!確実にハゲてきている件

FXを始めたらハゲた

FXを始めてから、1つ確実に言えることがあります。

そう、確実にハゲてきていること!

FXの不確実性とは逆に確実にハゲてきていますね(笑)。

笑いごとじゃないんだけどね。

今、笑ったあたなも確実にハゲますよ。

実は、このFXとハゲの記事って1年以上前からストックしていたんですが、需要があるのかなとか考えてアップしていなかったんです。ただ、下書きを見直す機会があり何でもアップしてみようと決めました。

本記事は、兼業トレーダーのハゲ具合の記事です。

FXはハゲが進行する

元々、髪は豊富にある方ではなく、薄いって実感がある程度でした。

そして、FXが直接原因とは限りませんが、確実にハゲてきていますね。

もしかしたら、今までブログを読んできて、FXを始めようとか手法のヒントを得て、ポジティブにFXをやろうと意気込んでいる人がこの記事を見ると、一発で止めてしまうかもしれませんね(笑)。

今まで、FXで多くの失敗や悩んだことも多かったので、少なからず髪の毛への影響があったと思いますね。

振り返れば、-40万円で会社に出社した時もありました。しかも、睡眠時間はほとんどありませんでしたね。

EU離脱を問う英国国民投票時のFXトレード

精神崩壊!EU離脱を問う英国国民投票時のFXトレードで-40万円

2016年12月14日

この時は、トレードを一番やっていた時期でしたので、感覚やモチベーション、もろもろが達観していましたね。

もう、会社は関係ないってレベルでしたね。とにかく、月20万~30万を稼ぐと決めていましたからね。

結果的にその通りになり確定申告できたわけですが、人間ってこれって決めて振り切ると、ほんと強いです。振り返ると、あの時の自分の発言や行動ってすげーなって思います。

他人の価値観や概念なんて関係ないって感覚になります。

とにかく、俺はFXで稼ぐんだってマインドで生活していました。

FXは楽に稼ぐことなどできない

FXを丸3年やってきて確実に言えることは、楽をしてFXで稼ぐことは不可能ってことです。

逆を言えば、苦をすれば稼げますそう、私のようにハゲてくるほど、頑張れば(笑)。

FXって世間でどんなイメージか正確にはわかりませんが、普通の一般人が楽をして稼げるなら誰でも仕事していないです。

これは、FXに限らず全ての副業や副収入でも言えることですけどね。

ただ、人って弱い生き物だと思うのは、自分の知らないことがあって知りたいと思うと、できるだけ楽してそれを得たいと思うんですよね。しかも、リスクなしに。

結果、どうなるかっていうと、稼げなかったり、そもそも行動量が足りなかったり、楽ではないって現実を知ることになります。

結果、諦めてしまうんですよね。

楽をしてお金を稼ぎたいと思って始めた人ほど。

楽には稼げないが稼ぐためのポイントはある

稼ぐためには、ただがむしゃらにやっていては駄目ってことがわかってきます。

恐らく、これは全ての仕事や副業にも言えることだと思います。

ある程度の量をこなすことによって、力を入れる場所がわかってくる感覚。

その、感覚を掴んでしまえば、あとはその感覚やルールを守るだけです。

FXはハゲたくない人はやらない方がいい

すごく極端に言うと、ハゲる要因になるであろう精神的に負担になる副業や投資や投機はやらないほうがいいと思います。

ただ、そんな楽な副業ってこの世にないと思いますけどね。

FXの話に戻すと、FXはメンタルが土台になります。

必ず、精神的にくる時がくるんですね。

今は大丈夫。できていると思っていても、いきなり予想できないことが起こるのがFXです。

なので、FXに絶対はないです。

絶対がないから、今ある利益をしっかり利確することが大事です。

利確さえしっかりすれば、それは確実に利益になりますし、ノーポジションになるってことは、リスクも回避できる行動になります。

自分から精神的負担を余計に増やす必要はないってことです。

仕事もFXも頑張る兼業トレーダーだからこそ、FXへの向き合い方がいかに大事かをハゲ具合と共に、本記事で語ってみました。



2 件のコメント

  • 過去の記事もいくつか含め拝見しました。

    最近特にFXをしっかりやりたいと思いはじめたのですが初心者にオススメの書籍はありますでしょうか。

  • >>フォレストさん

    コメント、ありがとうございます。

    私の場合、FXに関する本は一冊も読んでいないですね。
    それが、普通なのか普通じゃないのかはわかりませんが、
    失敗からの成功体験がその人の勉強になるので、
    やらなきゃわからないっていうことが答えになってしまいます。

    まずは、毎日チャートを同じ時間に見れるのは、何時から何時なのか?
    そもそも、トレードに集中できる環境なのか?など
    固定するところや生活習慣から考える必要があります。

    答えになっていませんが、いかに大きく負けないかや、
    大きく負ける要素がないのかが大事です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ねこやぎ

    「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。