Google AdWordsアカウント強制停止!申込審査復活まで

Google AdWordsアカウント強制停止

先月の4月にキーワードプランナーを使いたい、また自分のブログを広告に出してみたいという思いでGoogle AdWordsに申し込みをしました。

しかし、申し込み後にGoogle AdWordsチームよりアカウントの強制停止メールがきました。

その、強制停止から復活までの過程を紹介します。

Google AdWordsに申し込み

まず、普通にAdWordsに申し込みをしました。申し込みをした際はキャンペーンを設定しなければならなく、設定した後にキャンペーンを停止設定にして登録しました。また、クレジットカードの登録はせず、振り込み設定にして未振込のままでした。

すると、「新しいAdWordsアカウントが作成されました」とメールが届きました。

よし、これでAdWordsが利用できると思い、キーワードプランナーを1週間程使っていました。その後、Gメールを開きメールチェックしていたところ、ビックリしたメールが届いていました。

Google AdWordsアカウント強制停止

キーワードプランナーを普通に使っていたので、特に問題はないんだなと思っていましたが、新しいアカウントが作成されましたっていうメールと同日にアカウント強制停止のメールが届いていました。

どんな文章か簡単に紹介すると、Google の広告掲載のポリシーとAdWords の利用規約に準拠していない。また、関連アカウント、新しいアカウントの作成も不可。今後一切Google関連での広告が掲載できないと明記されていました。

今後一切という言葉。これが、凄く衝撃でしたね。自分のブログが否定されたことと、AdWordはもう利用できないんだと落胆してしまいました。

強制停止のメール確認後

それで、どうしようかなと思っていてメールをさらにチェックしたら、アカウントの強制停止メールから数日後に「広告掲載のサポートをします」というメールが届いていました。

その文では、「必要な対応を詳しくご案内します」と電話番号が明記していました。それに気づいた時にすぐに私も連絡すればよかったんですが、アカウントが強制停止され、今後一切の広告掲載はできないというメール。その後に「広告掲載をサポートします」っていうメール。アカウント自体はログインでき、キーワードプランナーは使えている現実。

これらが私の中で意味がわからなく、いろいろ検索し調べていましたが、答えに結びつくブログやサイトにたどり着けず、約1ヶ月はAdWord側に特に何もアクションは起こすことはなく、キーワードプランナーのみを使っていました。

Google AdWordsアカウント復活手順

約1ヶ月そのままにしていましたが、やはり自分のブログの何がポリシー違反や規約違反なのか気になってきました。

そこで、アカウント強制停止後に届いた、サポートしますっていうメールに明記してある電話番号にかけてみました。

そして、経緯を話したところ、確かにアカウントは停止している。ただ、どのような理由で停止になっているのかはわからない。担当部署ではないので、問い合わせのやり方を教えますとのことでした。

そのやり方とは、AdWordヘルプから審査のリクエストをする。

AdWordヘルプ⇒上部の検索で「強制停止されたアカウントの問題を修正する(アカウントの強制停止について⇒関連リンク)」と検索。手順の「ポリシー違反」をクリック。「強制停止の解除を申し立てる」をクリック。そうすると、「ポリシー違反に伴うアカウントの強制停止に対する申し立て」の画面にたどり着きます。その画面で違反内容を修正する項目の「審査リクエスト」をクリックします。次の画面で必要事項を入力して送信してください。

リクエスト審査する前に訂正したところ

まず、Googleの広告掲載のポリシーとAdWordsの利用規約をしっかり読み、自分のブログに不適切なところはないのかを再確認しました。そして、約3か所ほど訂正しました。

・水着と間違えてる?女性の画像の差し替え

これは、どう見ても水着に見えませんが、一応差し替えしました。

・オンラインカジノの表現や文言の削除

これは、あえてその言葉を出しませんが、本来その方法でお金を稼ぐことは止めなさいっていう記事でしたが、それが逆にとらえられているのかもしれないと思い削除しました。

・自分のブログが健全な理由を書いた

私のブログは実際に私が経験したことであり、サイトポリシーに明記してある通り、強制的にFXを勧めているわけではない旨を説明しました。

AdWordサポートチームからアカウント復活の返信メール

審査リクエストからメールを送信した当日に返信メールが届きました。

その内容とは「アカウントが調査中」である可能性があるために発生していたとのことでお詫びの一文。また、セキュリティ上の目的と支払情報の確認を定期的に審査していて、質問した内容(私のブログは違反もなく、健全である内容)も含めて回答しますとのことで、今しばらくお待ちくださいとの内容。

そのまた当日に、再審査した結果、ポリシー違反はなく再開したという一文。また、同日にアカウント再開のお知らせが別メールで届きました。

Google AdWordsアカウントが強制停止になった疑問や理由を考える

アカウントが強制停止になっていた理由がいまいち私にはわかりませんでした。AdWords側もそれを教えることはできませんし、自分としていくつか理由を考えてみたいと思います。

・AdWordsに申し込みをした際のキャンペーンの支払い区分を振り込みにして、キャンペーンは一時停止にした

AdWordsに問い合わせをする前は、とにかくネット上から調べようとして検索しまくり、ブログやサイトを参考にしました。その中で、キャンペーンを振り込みにして停止をかけると、このように強制停止になるという情報がありました。

もし、これが真実なら、AdWordsに申し込む結構な人がこのような状況になっている可能性があります。しかし、電話での問い合わせの際は、これが原因とは言っていなかったので、アカウントの何を調査していたかは不明ですね。

・アカウントの調査中で強制停止になったので、その段階でブログの審査はしていないことになる

審査のリクエストをした際に、ブログをほんの少しだけ訂正しましたが、AdWords側の回答はアカウントの調査中とのことでしたので、ブログの審査まではいかない内に強制停止になっていたことがわかります。

・アカウントが強制停止になってから約1ケ月も調査していたのか

もし、私がこのまま何も問い合わせや再審査のリクエストをしなかったら、AdWords側はずっと調査していたのか疑問ですね。

Google AdWordsのまとめ

まずは、AdWordsの審査に合格し安心しました。最初は、今後一切の広告掲載はできないっていうメールの内容にビックリし落胆していましたが、なんとか再審査をリクエストしAdWordsを利用できる準備が整いました。

もし、私のようにAdWordsに申し込みをしてすぐにアカウントが強制停止になった人は、パニックにならずに再審査を申し込んでみてください。

再審査を申し込む前に、正確ではない情報を頼りにすると、ブログの全てが疑わしく見えてきますので、まずは自分でしっかりGoogleの広告掲載のポリシーとAdWordsの利用規約を読んでください。

今回はGoogle AdWordsの申し込みから審査、アカウント強制停止、その後のアカウント復活までを書いてみました。

AdWordsはこれで全てがOKではなく、これからも続いていきますので、私もGoogle、またGoogle AdWordsを尊重し気をつけてブログを続けていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。