人が最もミスを起こすときは勝利を確信したときby勝負師

人のミス

勝負事をしていると、いつも思う。

勝利を確信してはいけないと。

特に、トレードしているとき。しかも、勝っているときにこそ。

勝っているだけで、勝ったわけではない。

まだ、何も終わっていないのである。

まだ勝負は終わってはいない

今、勝っている。負けている。

そんなものは関係ない。

勝っていても、負けていても、まだ勝負の最中であることに変わりはない。

1回のトレードで怒りのスイッチが入るのがFX。

1回のトレードでその日の勝ち分がなくなるのがFX。

1回のトレードで年間の稼いだ分がなくなるのがFX。

1回のトレードで退場するのがFX。

 

そんな環境下にいることを忘れてはいけない。

テレビを見ながら。動画を見ながら。スマホゲーをしながら。家族と話しをしながら。

まだ、相場というリスクのある環境下にいながら、勝ちを確信し油断してしまう。

これは、自分自身への戒めでもある。

ミスは偶然ではなく必然である

ほとんどのミスは必然であると思う。

FXでもそうだが、仕事をしていてもミスは必然から生まれている。

慢心。危機感のなさ。負荷の集中などいろいろ挙げることができるが、ミスというのは人の感情から生まれるものであると感じる。

その感情も、自分自身の問題、組織の問題、人間関係の問題など複雑に絡み合ってある。

特に、上層部の楽観視からくる下層部のミスは許しがたい問題だと思う。

だいたい、そういう上層部は現場の問題を見ていないことが多い。

上がってくる数字は見ているが、数字の内容の根本的問題を見ようとしていない。

つまり、現場から遠のいている。

 

FXでもそうだが、トレードしていないと確実に勝負勘や感覚はにぶる。

それは、仕事でも同じことだ。

動けない、動こうとしない。口から話した言葉だけがただ組織内でウロウロするだけ。

これでは、必然なミスはなくなることはなく、勝利さえも得ることはできない。

何を持って勝利なのか?

FXをしていると、完全に勝利したという気持ちになることはほとんどない。

例え、1分で数万円稼げたとしても。例え、1日で数十万円勝ったとしても。

 

その理由は簡単で、明日もトレードするからである。

1日で月給分稼げれば勝利なのか?

1ヶ月で数百万稼げれば勝利なのか?

年間で数千万稼げれば勝利なのか?

いや、勝利ってそういうもんではないと思う。

勝利とは充実感である

勝利という言葉。

スポーツ。投資。仕事。

それぞれ、使う場面がある。

勝つことはもちろん勝負する以上、最も大事である。

 

ただ、思うことがある。

今、十分なお金を手に入れたとしても、充実感を得ることができるのか?

難しい問題である。

お金で自由は手に入れることはできる。

ただ、お金で得られる充実感は一時に過ぎない。

お金を稼いで何をしたいのか?

相場の世界にいる者として、これをはっきりさせる必要があると感じている。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。