30代の仮面社畜が20代にアドバイスを言ってみる

仮面社畜

さて、今日はなんのタイトルでブログを書こうか・・・

そう迷っていたんですが、ふと職場の後輩のことを思い出し、このタイトルが考えつきました。

私は現在30代、人生80年と考えればまだ折り返していませんが、私なりに私より若い20代へ生きるアドバイスをしてみたいと思います。

20代は行動しよう

20代ってある意味人生で一番充実している時なのかもしれませんね。若く体力があり、働き給料を得て、趣味に費やせる。いいですね20代。

20代の人に一番言いたいのは、もっと行動しようってことですね。変なことをやったり、いきなり海外に行けってことではないですよ。行動して、成功だったり失敗だったり、楽しかったり悲しかったり、いっぱい経験してってことです。

今の時代、インターネットが発達し何をするにも事前に情報がある程度わかります。それって良いことでもあるんですが、悪いことでもあると思うんです。悪いこととは行動が制限されるってことですね。あとは、ネット上の情報って結局一例に過ぎないので、鵜呑みにするなってことですね。

20代は生き急ぐな

行動しようって言った後に、生き急ぐなって矛盾しているかもしれませんが。むしろこっちの方が大事ですね。なんか、今の日本ってこうしなければ駄目っていう教育が多すぎると思うんです。

それは、教育だけではなく日本社会の問題でもあるんですが、多少普通のレールを外れたぐらいで、落ち込む必要はありませんね。今、30代になってみてそう思いますね。

20代はお金を稼ごう

お金は何歳になってもほしいですし、お金があり過ぎて困ることはありませんよね。しかし、仮に20代でお金に余裕があるのと60代になってからお金に余裕があるのとでは天国と地獄ぐらい違います。

理由は、年齢を重ねるってことは、確実に可能性も狭まってくる。

これは、人である限り誰でもこうなります。年齢を重ねることが全て悲観的なことを言っているわけではなく、現実的にそのお金を得て有意義に使うことができる時間だったり年齢って必ずあると思います。

会社からの給料が少ないと愚痴を言っていても給料は増えません。それよりだったら、直接上司に昇格したい意思や思いを伝えたり、できないのであれば自分の力でお金を稼ぐことをチャレンジしていけばいいと思います。

20代は1番やりたいことからやろう

自分が今一番したいことはなんなのか。自分の夢はなんなのか。これを真剣に考える必要があります。そして、自分の1番やりたいことからチャレンジしていったほうがいいです。

2番、3番から取り組み1番は手つかずなんてことのないようにしましょう。1番は真っ先にチャレンジし、駄目だったら諦めるなりして軌道修正していきましょう。

20代は危機感を持て

最後になりますが、20代は生きるっていうことに危機感を持ってほしいですね。なんか、明日も今日と同じ日が当たり前のようにくると思いこんでいる人が多いですね。

でも、多くのの20代はそうなのかもしれません。

そこで、普通の20代がやらないからこそ、やってみれば突き抜けられる可能性が大いにあります。30代になると、どんな人でも現実を受け入れなければいけないことが多いですし、軌道修正しなければけいないことも多くなってきます。

ポイントは、「とりあえずやってみる」です。

時間が掛かるから、お金が掛かるから、疲れたから、眠いからなどなど・・・

そんな言い訳をしていたら何もできませんよ。これらの出来ない理由って30代になればもっと負担が大きくなります。

成功にしても失敗にしても、自分が経験すればそれが良いことなのか悪いことなのか判断できます。判断ができるってことは自分で考えて行動できるってことです。

いつの時代でも、自分で考えて行動できる人。また、時には人から学ぶことができる人。

こういう人がシンプルに強いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。