「おもてなし」が招く「過剰サービス」。もっと大切なことがある

「おもてなし」「過剰サービス」よりも大切なこと

本記事は、日本の「おもてなし」が招く「過剰サービス」と、それよりももっと大切なことがあるのでは?っていう記事です。

「おもてなし」って何?

「おもてなし」ってそもそも何だろうって最近特に思う。

一応、とあるサイトで意味を調べてみると「心のこもった待遇」「心をこめてサービスをすること」。こんな感じで書いている。

そもそも、心をこめることを意識している時点でその「おもてなし」はうわべである。こんなふうに思ってしまうのは自分がひねくれているのかもしれない。

ただ、日本って自分で自分の首を絞めているようなところが多いと思う。

店員は元気に笑顔で接客すること。

確かに、サービスを受ける側として悪い気はしない。それがいい方向に向けはいいけど、それが当たり前という客をつくっていることも事実。

ほどほどの気づかいでいいのではないか。

「過剰サービス」を求めるとブーメラン

今、働き方改革を政府がすすめているけど、本当の意味での改革は24時間サービスをやめることだと思う。

例えば、コンビニ。使う側としては便利だよね。いつ行っても開いているし、食料やちょっとした生活用品なら揃う。

でも、その背景にはレジに人がいないといけないし、機械を保守する人も待機しているし、物を運ぶ人もいるわけで。

結局、巡り巡って自分たちにはねかえってきている。

今、「自分には関係ない」って思ったあなたは大きな間違い。自分のまわりの人たちも幸せじゃないと自分も幸せにはなれない。

これが真理である。

日本人が自分のことは自分でやるようにもっと自立すれば、幸福度は格段に上がるだろう。

それだけ、日本人は客側にまわると「やってもらって当たり前」感がある。

もっと気軽にフランクでいい

表現が難しいけど、本来サービスや接客って気軽でフランクでいい。結局、物や質、量だけで勝負すると必ず限界がくる。

その、物やサービスの質が悪くなったり提供できなくなったりしたとき、それだけで勝負していると潰れるのは早い。

でも、人と人との繋がりがあれば多少待ったり、逆に助けてもらえると思う。その人と人との繋がりってうわべで形成されるものではない。

実際、私は普段お世話になっている店やサービスが使えなくなっても恨みはしないし、力になりたいと思っている。

こんな感じで思ってくれる客を増やすべき。

たまに、本当に態度が悪い店員がいるけど、そういう人は論外である。

今は、数年前に比べて好景気。ある程度、力業で業績が伸びることは多分にある。

しかし、それは時代や運がいいだけである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。