会社以外の人と会って近況を話すことの大切さをしみじみ思う30代男

会社以外の人と話す

さて、この1か月間に会社以外の人と話をする機会が私なりに多くありました。恐らく私は、一般の社会人より、なかなか人と話すことが少ない日常だと思っています。

そんな私が、会社以外の人と話すことの大切さをしみじみ感じたので、具体的には書けませんがブログに記してみたいと思います。

会社は現実ではない

表現が難しいんですが、よく言葉の使われ方としては仕事が休みの日の次の日が会社だと、明日は現実に引き戻されるっていう表現があるかと思いますが、私は反対に感じますね。

会社が現実ではない。

なんといいますか、会社以外の人と会話することによって、世間は当たり前の時間が過ぎているんだなと感じます。自分の止まっている時間軸に気づかされるというか、人の人生や生活を聞いたり一緒に行動することによって、自分もここを頑張らないといけないと強く思いますね。

それと同時に、今の自分の状況や生活は世間から見て一般的なのか。また、心のあり方として正常なのかがわかりますね。

会社人間の人

心から会社人間の人ってどのぐらいの割合なんですかね。私は会社人間にはなりたくないですが、会社人間の人を憐れんだり批判的な立場ではありません。

本人がそういう欲求があり、それを行動しているなら、それがその人の道なんだと思います。また、そういう人ってある意味幸せだと思いますね。なかなか自分の勤めている会社に価値を見いだせない時代。そして、働き方が変化していく時代。私のように、会社以外から収入を得たいとも思いもしない時代や価値観も人生の一つだと思います。

会社の道より自分の人生の道を大事に

自分の人生の土台の上に、会社の道があります。これが、逆になってはいけない。確かに男にとって会社や仕事ってとても大事な要素です。

ただ、仕事によって自分の土台がやられてしまっては元も子もありません。

今の状況からどうすべきなのか

問題はここからどうするのかですね。ここまでは誰でも感じることであり、もがいている人は私を含め世間にたくさんいます。

今の自分の答えとしては、好きなこと、やりたいことを自分の生活習慣の中にとことん増やしていく。そして、今あるものを大事にしつつ、自分にできることを増やしていく。

こんな感じですね。

ブログもあと少しで1年たちます。為替は3年たちました。少しずつですが、自力でお金を稼ぐスキルや情報発信力がついてきました。まず、これをこれからも継続していくこと。また年末までに、なにか新しいことを水面下でチャレンジしたいと思っています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。