お金がないは甘え!大愚元勝和尚が煽り叱りそして鼓舞

お金がないという甘え大愚元勝和尚

さて、今回は私が時々見る大愚元勝和尚の動画から心に残った動画を紹介したいと思います。

大愚元勝和尚の動画は今回で3回目ですね。

私は、こういう自分を律する感じの動画は好きなんですよね。

大愚元勝和尚の一問一答

大愚元勝和尚のプロフィールは、過去の記事で紹介しているので割愛します。プロフィールが載っている記事はこちらです。

大愚元勝和尚がFXに詳しすぎる

大愚元勝(たいぐげんしょう)和尚がFXに詳しすぎる件

2017年7月16日

それでは、こちらの動画ごご覧ください。

【相談内容:さんりゅうさん/男性】当方、都内のデザインプロダクションでディレクター兼ライターとして働く28歳、既婚者です。私は6年交際した女性と結婚し1年を迎えました。まだ子どもはおりませんが、妻(28歳)からは「年齢のことも考えて、そろそろほしい」と言われています。

相談というのは子づくりに伴う、自分の進路のことです。私も子どもが好きですので、授かりたいと考えていますが、私には貯金がなく、また今の会社では給料が安く、賞与もありません。また仕事柄、平日は帰りが遅く、休日出勤をやむを得ない場合があり、妻にはとても寂しい思いをさせています。

この状況で無事に子どもを授かったとしても、出産や子育てのストレスや負担を妻1人にさせてしまうのではと思い、踏みとどまっています。自らの成長を信じて今の職場で結婚生活を続けるのか、それとも早々に転職活動をはじめたほうがよいのかと悩んでいます。日々の焦る気持ちが募るばかりです。

以上が、相談内容の抜粋になります。

大愚元勝和尚の回答

まず、お釈迦様の教えに家庭を駄目にしてしまう、財産を失ってしまう6つの理由にあると仰っています。

・酒を飲んでふまじめになること

・夜更かしをして遊び回ること

・音楽や芝居に溺れること

・賭博にふけること

・悪い友達と交わること

・それに業務を怠ること

この6つを普段の生活でしていますか?とさんりゅうさんに問いただしています。問いただした上で、相談内容からさんりゅうさんはやっていないと仰っています。

自分に甘えがある

では、さんりゅうさんの一番の問題はなんなのか。

大愚元勝和尚は自分に甘えていることが問題であると答えています。

では、何に甘えているのか?

自分の力を信じていない、自分の能力を発揮していないと。

大愚元勝和尚の例え話

大愚元勝和尚はここで例えを交え話しています。

大愚元勝和尚は空手を指導していると。小さい子は素直に声を大きく出す。しかし、中学生ぐらいになると恥ずかしさもあって声を出さなくなる。

力を持っていても力を発揮していない。世の中には声を大きく出そうとしても出せない人もいる。手を伸ばそうとしても伸ばせない人もいる。足を上げようとしても上げることができない人もいる。

大愚元勝和尚:君は声が出るのか?

生徒:でます。

大愚元勝和尚:手を伸ばせるのか?

生徒:伸ばせます。

大愚元勝和尚:足が上がのかる?

生徒:上がります。

なぜ、思い切り声を出さない。なぜ、思い切り突きを打たない。なぜ、思い切り蹴りを打たない。

恥ずかしさや遠慮などいろいろあるが、自分の持っている能力を精一杯発揮しない。

恥ずかしさに甘え、周りに遠慮し、自分の能力を最大限に発揮しないことはいいことではないと仰っています。

大愚元勝和尚の処方箋

よく、物事の優先順位を考えることが大事だと仰っています。

子どもは授かろうと思ったとき授かれるものではなく、高齢出産になるとリスクも高まり不妊症の人もいる。

今、子どもをもうけてもいいのでは?子どもを授かると、父と母になる。実際にこの家庭を守る意識が出てくる。その、意識がさんりゅうの能力をさらに伸ばすことにつながる。

さんりゅうさんより、貧しい家庭で育てている人も多くいる。子どもを授かったら今の仕事のやり方では駄目だって気づく。

さんりゅうさんは幸い、今の仕事が嫌いなわけではない。自分のつくった創意工夫が面白いと思っている。これは、素晴らしいこと。

どの業界でも、はやっているところもあれば、はやっていない所もある。自分にもっと力をつけて、もっと今よりも高い給料を得ていく工夫はできる。

それと、子どもをつくることとは別の話であると。

子どもをもうけるのは命がけ

さんりゅうさんは、仕事が忙しいことを理由にしていますが、全て言い訳。

平日はきっちり定時、休日出勤は一切ない、そして、家庭の手伝いは全部やって、奥さんの子育てのストレスは一切ない。そんな家庭ってありますかと?

お金があれば奥さんにはストレスや寂しさはないっていうのは幻想である。

世の中の、お金持ちは忙しい。

もし、さんりゅうさんがお金が十分手に入り、平日も定時で帰ってこれる。そして、休日出勤もなく奥さんが安心して生める環境。そのような夫になってから子どもを授かりたいと思っても、奥さんが子どもを授かれる年齢が過ぎているかもしれない。

お金はいつでも稼げる

本当にお金が必要なら、もっと工夫が出てくる。

少しずつ、末広がりに頑張る姿勢を奥さんに見せて伝える。

さんりゅうさんは、まず仕事を頑張ること。

そして、「なんとかなる」と。

今まで、散々厳しいことを言ってきた大愚元勝和尚ですが、最後に「なんとかなる」と。

ここがですが、大愚元勝和尚の好きなところですね。相談内容から見ても、さんりゅうさんを客観的に見ると、仕事を頑張る真面目な会社員ってことがわかります。恐らく、子どもができてもそれなりに生活していけると文章だけで判断できる感じが伝わってきます。

大愚元勝和尚は、さんりゅうさんは気にしすぎだよと。自信を持って子どもをつくり、家族のために仕事を頑張れと。

これが、言いたいんだと思います。

さんりゅうさんの相談内容からの私の考え

では、ここからは私がさんりゅうさんの相談内容を見た私の考えを書いていきたいと思います。

まず、さんりゅうさんは6年交際した女性と結婚している28歳であることです。これを見たときに、いやいやリア充ではないか!と思いましたね。私は30代で独身なんですが。

次に、都内のデザインプロダクションでディレクター兼ライターとして働いていると。なんか、わからないけど横文字が多くてかっこいい呼び名の職業だなと思いました。しかも、何かをつくりだすクリエイティブな仕事をしているなと。

そして最後に、お金がないから子どもを授かっても妻に負担をかけるんではないかと。

これは、私も読んだときに違和感を感じました。お金がない理由はさんりゅうさんの仕事が問題だと自分で言っていますが、全部妻が心配、妻が困るというような言葉の終わりになっています。

自分が大変だとか、自分が困るってことを言っていないんです。これは、私も甘えだと思います。

妻は子どもがほしいと言っている

「妻が子どもがほしいと」と言っているとさんりゅうさんは言っています。

この言葉が全てだと思いますね。子どもがほしい欲求が奥さんにはあり、それをさんりゅうさんに伝えている。

何を迷う必要があるのかと。

人生の先輩の私からすると、そんなの即答で子どもをつくる決断をするレベル。恐らく、さんりゅうさんはまだ人生や子づくりに対して余裕があるんだと思います。

でも、奥さんは年齢的に早くほしいし、また子どもを授かるには限りがあることを女性として感じている。この思いに関しては、男性と女性の性別の違いがあるので、女性のことを理解してあげる必要があると思います。

また、前回書いた大愚元勝和尚記事の「正しく生きるな!楽しく生きよ!」の動画を見てほしいですね。もう少し、人生充実を一番に考えてほしいですね。

大愚元勝和尚「正しく生きるな!楽しく生きよ!」

大愚元勝和尚「正しく生きるな!楽しく生きよ!」まさに今の俺の心に刺さる

2017年7月24日

大愚元勝和尚の回答を踏まえた私の考え

お金がないは甘え!

確かに今回のような、さんりゅうさんの場合は甘えになると思います。

ただ、大愚元勝和尚の考えを聞いて私というフィルターを通すと、甘えという場合もあるが、我慢または踏ん張る時期もあることも事実だと思います。

お金がないから甘え。だったら、何をしてもいいのかって言ったら、守らなければいけないものは守らなければなりません。仮に守らなければいけないことを踏み外したとしても、気づいたときに早く守りにはいらなければいけないと思います。

あくまでも、「お金がないは甘え」っていう言葉を言葉通りに受け取ってはいけないってことです。

意味をしっかり理解している人と理解していない人がこの言葉を使うのでは重みが違います。その点、大愚元勝和尚は言葉の意味を理解し気をつかって話をしているのがわかります。

ウジウジしていると全てのタイミングを逃す

この動画で一番心に響いた言葉ですね。

「ウジウジしていると、全てのタイミングを逃す」

私も、社会や職場で理不尽さや苛立ちなどあったときには、この言葉を思い出しています。

もし、今までの人生でチャンスがないとか、運が悪いって思いすぎている人はウジウジしていませんでしたか?私も仕事の立場上、仕事を後輩や部下に任せることがあります。

しかし、ウジウジしている人やひねくれている人には、まともな仕事は任せません。

私も、仕事だけではなく私生活でも気をつけていきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。