トレードは為替相場に慣れた人が最強!その上達には時間投下が鍵

トレードがうまくなる方法は、まず慣れという話です。

FXは基本的に特定の手法をやれば必ず勝てるという、必勝法があるわけではありません。結果的に、トータルで利益が出ていて勝ち続けていればいいわけです。

そして、その結果をすぐに求めてはいけないです。なぜなら、結果が悪くてもやり方が正しい場合もあるからです。

慣れは最強の手法

幾重の手法よりも最強の手法は「慣れ」です。

なんだ、「慣れ」か、また精神論か。攻略とか楽に勝てる話じゃないのかと思った人。FXは楽な道に逃げた人が勝ち続けられるほど、FXは甘くはないです。

慣れの重要性

例えば、自転車に乗る。これも、慣れです。言葉で、右足と左足をペダルに掛けて反時計回りでこぐ。そして、ハンドルは曲がりたい方法に曲げる。

言葉だとこんな感じです。では、この言葉通りやれば誰でもすぐに自転車に乗ることができるのか?って言ったらすぐにはできませんよね。

でも、時間がたてばみんな乗りこなせる。これも立派な慣れです。

FXのトレードというだけで、慣れればいいだけなんです。

慣れの落とし穴

慣れにも落とし穴があります。

それは、慣れたという慢心。

これはですね、一定の利益出せるようになると、必ず慢心が出てきます。これが出てこない人はいないです。仮に慢心が原因で損失が出てしまった。そして、その時はしっかり反省し戒めたとします。

しかし、人は時がたてば、その意識は薄らいでいきます。それでも、俺は大丈夫。毎日、意識を高めそんな油断はないって人は、今の周りの環境に恵まれている証拠だと思います。

もしくは、昔から今まで環境の変化がない人だと思います。

このような人は専業トレーダーと言われるような人しかあり得ません。

一般的な私のようなサラリーマンが、仕事をしながらFXも常勝し続けることは不可能に近いです。これは、長くやっている人ほど、FXの難しさがわかっていると思います。

正しい損失と誤った利益

FXは例え慣れたとしても、結果が全てではありません。結果と内容。この2つが大事です。

FXの実績は結果だけではなく中身も重要

FXは情報に振り回されず内容と結果を正しく判断できる能力が必要

2016年10月24日

結果ばかりに目を向けると、誤った自分の過ちを直視せず、先送りにすることになります。先送りにすると、原因は解決されないので、また同じ境遇がきます。

慣れる前に退場

ほとんどの人が相場に慣れる前に退場していると思います。慣れの期間は慣れることが一番大事です。慣れの期間に結果を求めすぎると挫折します。

こんなに負けてしまった。時間を失ってしまったという後悔の念が先にきてしまう。そうなると、FXで勝てる土俵すら上がれなくなってしまいます。

慣れるために最短の道

慣れるには先ず、量をこなすしかありません。とにかく毎日チャートを見て、エントリーそして決済。この繰り返しです。つまり、時間を投下するしかありません。

これは、FXだけではなく仕事や趣味でも共通することだと思います。自分が得意なことや大事なことって必ず時間を投下しています。

その投下する時間が無駄だと思うか好きでやっているのかで、その後の成長が違ってきます。「好きこそ物の上手なかれ」

まさに、FXも好きかお金を稼げるのか、どちらかがないと続けていくのは難しいと感じていますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ねこやぎ

「為替部」ブログの管理人です。日々、自力でお金を稼ぐことや人生充実をテーマに考えています。FX実績は運用資金50万円を2年で400万円にしました。このブログではFXで1年目から結果を出していける手法や相場への対応の仕方を公開しています。